Terms of use

有料プラン利用規約


利用規約有料プラン利用規約

「forista Cycle有料プラン利用規約」(以下「有料プラン利用規約」といいます)は、株式会社ペダルノート(以下「当社」といいます)が提供する有料プラン(ライトプラン・プレミアムプラン)の利用に関する条件等を定めるものです。

有料プランに登録した登録ユーザー(以下「有料プランユーザー」といいます)はforista利用規約(以下「利用規約」といいます)及び有料プラン利用規約に従い本サービスを利用するものとします。

有料プランユーザーは、本サービスを利用することにより、利用規約及び有料プラン利用規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。
  1. 第 1 条(定義)
    有料プラン利用規約で使用する用語は、有料プラン利用規約で別段定める場合を除き、全て利用規約の用語と同一の定義とします。
  2. 第 2 条(有料登録)
    1. 利用ユーザーが有料プランを利用する場合には、有料プラン登録を行っていただきます。

    2. 有料プラン登録を希望する場合は、利用規約及び有料プラン利用規約に同意の上、当社所定の登録手続きを行っていただきます。

    3. 当社は、前項の手続きに沿って入力されたお申し込み内容(クレジットカード番号を含む)につき必要な審査を行うものとし、有料プランユーザーが有料プランを利用いただける状態となったことをもって、有料プランの申込に対しての当社の承諾の意思表示があったものとみなし、利用ユーザーと当社との間で契約が成立するものとします。ただし、お申込み内容等が不適切であると当社が判断した場合、有料プラン登録を承諾しないことがあります。
  3. 第 3 条(有料プラン補償サービス)
    1.有料プランの補償サービス内容は次のとおりとします。また受けられる有料プランの補償サービス内容は、該当の有料プランユーザーが契約している契約プランによって異なります。なお有料プラン利用規約の規定と本サイトの内容に齟齬が生じる場合は、有料プラン利用規約の内容が優先して適用されるものとします。
    (1)無料診断サービス(当社が指定する提携店にて月に1回の無料診断サービスを受けられます。サービス内容は店舗によって異なります。)
    (2)盗難補償(補償内容はライトプラン最大1万円まで(工賃含む)のお見舞金の支払、プレミアムプラン最大20万円まで(工賃含む)相当額の代替品との交換、1回のみとします。)
    (3)故障修理補償(パンク(チューブ兼タイヤ交換を含む)、もしくはチェーン切れの修理に係る費用の補償。補償金額は最大3万円まで、1回のみとします。)
    (4)個人賠償責任保険(対人対物を問わず200万円まで、傷害入院補償はライトプラン日額1,000円まで、プレミアムプラン日額5,000円まで)

    2.自転車が盗難された場合の盗難補償(以下「盗難補償」といいます)やプレミアムプランに含まれる盗難補償、故障修理補償、個人賠償責任補償については、以下の内容を了承の上、利用するものとします。
    (1) 盗難自転車が[捜索願を出す]ボタン(以下「捜索ボタン」といいます)押下時より90日後の24時までに発見されなかった場合に、当社規定金額分の補償を受けられます。故障修理については、この限りではありません。
    (ⅰ)別途、当社提携店舗へ来店してのお手続きが必要となります。
    (ⅱ)補償は、第1項に定める補償金額内で代替品との交換(盗難補償)および修理(故障修理補償)とするものとします。
    ・盗難補償…提携店で、20万円を限度に代替品と交換できます(1回のみ)。
    ・故障修理補償…提携店で、3万円を限度にパンク修理(チューブ兼タイヤ交換を含む)及びチェーン交換ができます(1回のみ)。
    (ⅲ)お支払い方法に手数料のご負担がある場合には実費をご負担頂きます。
    (ⅳ)盗難補償を利用した時点より対象の自転車等の所有権は当社に移転いたします。
    (ⅴ)盗難補償を利用した後、盗難自転車が発見された場合、お見舞(プレミアムプランは代替品)は捜索手数料として当社に返還頂き、捜索手数料を全額返還頂いた時点をもって自転車等の所有権をお返しいたします。
    (2) 盗難自転車が捜索協力者により発見され、手元に戻ってきた場合には、発見者へのポイント等による謝礼支払(サンクスポイント)の為の手続きにご協力頂きます。
    (3)盗難受理番号を登録せずに捜査依頼を行った場合には、お見舞を受けることができません。
    (4)下記にあたる場合には、盗難補償、故障修理補償を受けることができません。個人賠償責任補償については別途定めます。
    (ⅰ)有料プランユーザーの故意、重大な過失、置き忘れ、紛失、公権力の行使、地震・風水害等の不可抗力、詐欺、横領に起因するもの。
    (ⅱ)事故等による自転車本体の全損の場合。
    (ⅲ)日本国外で盗難および故障に遭った場合。
    (ⅳ)自転車本体の構成部品 (サドル・車輪等)、オプション部品、用品等の盗難の場合。但し、プレミアムプランはこの限りではありません。
    (ⅴ)ビーコンを装着していない場合
    (ⅵ)警察への盗難届が受理されておらず、盗難受理番号を取得していない場合
    (ⅶ)レース中の事故および故障の場合。
    (ⅷ)当社が別途指定する入力に不備等があった場合
    (ix)有料プランの有効期間中に当社所定の方法により補償の申し出を行わない場合

  4. 第 4 条(利用料金)
    1.有料プランの利用料金は当社が別に定めるとおりとします。ただし、個別の利用規約等に定めがある場合はその限りでありません。

    2.本サービス利用料は、日割り計算いたしません。各月の途中で利用契約を締結された場合であっても、1か月分の本サービス利用料をお支払いいただきます。

    3.有料プランの有効期間は有料プランに係る契約成立日から1年となります。第7条に定める通り途中での解約はできません。

    4.当社は、有料プランユーザーの事前の承認を得ることなく、当社の判断において有料プランの利用料金を変更する場合があります。ただし、当社が有料プランの利用料金の変更を行うよりも前に、当社より有料プラン登録の承諾を受けた場合は、その契約満了日までは承諾を受けた際の利用料金が優先されるものとします。
  5. 第 5 条(決済)
    1.有料プランユーザーの利用料金のお支払は、当社指定の決済手段で行うものとします。

    2.当社は、有料プランユーザーの利用料金の支払いについての領収書等は発行いたしません。
  6. 第 6 条(遅延利息)
    1.有料プランユーザーは、有料プランの利用料金等の支払いを支払期日より遅延した場合には、支払期日の翌日から支払い日の前日までの日数について年14.6%の割合で計算した金額を延滞利息として、利用料金その他債務と一括して当社が指定した日までに指定する方法で当社に支払うものとします。

    2.前項の支払いに必要な振込手数料その他費用は、全て当該ユーザーが負担するものとします。
  7. 第 7 条(解約)
    1.有料プランは途中での解約はできません。やむを得ず本サービスの利用を停止する場合は、有料プランユーザーは当社指定の方法で解約を申し出るものとします。

    2.当社はいかなる場合においても既に受領した利用料金等の払い戻し等には一切応じないものとします。

    3.支払い方法で「月ごとの分割払い(12回払い)」を選択している有料プランユーザーは、解約時には契約期間における残債額及び解約事務手数料(5,400円(消費税込み))を当社が指定する期限までに全額を支払うものとします。
  8. 第 8 条(利用停止)
    1.当社は有料プランユーザーが次のいずれかに該当すると判断した場合には、当該の有料プランユーザーに事前の通知なく、提供中の全ての有料サービスの利用を停止することができるものとします。
    (1) 有料プランユーザーが利用規約または有料プラン利用規約に反する行為をしたと当社が判断した場合
    (2) 有料プランの利用料金その他の債務の履行を遅滞、または支払いを拒否した場合
    (3) 決済方法の利用が停止された場合
    (4) 有料プランユーザーが仮差押、仮処分、強制執行、租税滞納処分等を受けた場合
    (5) 有料プランユーザーが破産手続開始の申立て、民事再生手続開始の申立て等があった場合
    (6) 有料プランユーザーが利用規約に基づき登録ユーザーの登録を解除された場合
    2. 支払い方法で「月ごとの分割払い(12回払い)」を選択している有料プランユーザーは、前項各号のいずれかに該当した場合、第7条3項にある一切の債務を一括して支払うものとします。

    3. 有料プランユーザーは、本条第1項に該当することにより当社が損害を被った場合、当社は、当該有料プランユーザー(有料プランを解除された元有料プランユーザーを含む)に対し損害賠償を請求することができるものとします。
  9. 第 9 条(個人情報)
    1.当社は、有料プランユーザーの登録情報に関し、別途定める「プライバシーポリシー」に基づき取り扱うものとします。

    2.当社は、有料プランユーザーの当社に対する債権債務の特定、支払および回収に必要と当社が判断した場合、必要な範囲でクレジットカード会社等に個人情報の開示申請をする場合があります。

    3. 有料プランユーザーは、当社から委託を受けた委託先が有料プランユーザーに有料プランの利用料金の請求をするためクレジットカード情報等の決済情報を管理することを承諾するものとします。
  10. 第 10 条(責任の制限)
    1.当社に重大な過失があった場合、有料プランユーザーに損害を賠償する場合、当該損害賠償の範囲は、通常生ずべき損害に限られるものとし、予見の有無にかかわらず、特別の事情によって生じた損害、逸失利益、弁護士費用は含まないものとします。また、利用契約に関して当社が本サービス利用者に損害賠償する金額は、1か月分の有料プランの利用料を上限とします。ただし、当社に故意または重大な過失があった場合にはこの限りではありません。

    2.サーバーのメンテナンス等サービスの提供にあたって必要不可欠な行為によって生じた損害等については、当社は賠償責任を負わないものとします。
  11. 第 11 条(債権譲渡)
    当社は、有料プランユーザーに対する債権を第三者に譲渡できるものとし、有料プランユーザーは、そのために有料プランユーザーの個人情報等が当該第三者に提供されることを承諾するものとします。
  12. 第 12 条(有料プラン利用規約の変更)
    当社は、有料プランユーザーの一般の利益に適合する場合、または、契約の目的に反せず、かつ、経済情勢、経営状況の変化・変動その他の事情に照らして、合理的なものである場合、有料プランユーザーの承諾を得ることなく、有料プラン利用規約を変更することができるものとします。この場合、 変更後の有料プラン利用規約が適用されます。
  13. 第 13 条(準拠法及び管轄)
    1.有料プラン利用規約の効力・履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

    2.有料プランユーザーと当社との間で有料プラン利用規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
2019年3月1日制定